じゅらくてい・じゅらくだい
聚楽第  とは

聚楽第(じゅらくてい・じゅらくだい)は安土桃山時代に当時の最高権力者豊臣秀吉(とよとみひでよし)が京都に建てた豪華な邸宅(居城)です。でも竣工して8年後に痕跡を留めないほど完全に取り壊されてしまったので、あまり詳しいことは分かっていません。


「じゅらくだい」か「じゅらくてい」か:  これまで「じゅらくだい」と読むのが一般的でした。
地元ではいまでもほとんどの人が「じゅらくだい」と呼んでいます。

「じゅらくてい」説(1):  中村博司氏(大阪城天守閣前館長)。
天正16年(1588年)4月14日〜18日に後陽成天皇が聚楽第に行幸されたときの記録が『聚楽行幸記』として残されている。その原本と目される、巻末に豊臣秀吉の朱印を据えた大阪城天守閣本『聚楽行幸記』(奥付の「天正十六年五月吉日記之 朱印」に成立した記録)には、

    敬白起請文事
一就今度聚楽第    行幸被仰出之趣誠以難有催感涙事

とある。
一方、これを原本の一つとして成立した第1種『天正記』(慶長元和古活字本、1598〜1624年頃成立)巻6の『聚楽行幸記』には、

うやまって申    きしやう
一今度じゅらくていに付て    きゃうかう 仰つけられるの趣、誠以てありかたくかん涙の事をもよおす

とあって、両者の対応関係からいえば「第」=「てい」であり、ここでは「聚楽第」を「じゅらくてい」と読んでいることが分かります(「だい」は呉音。「てい」は漢音)。
※ ただし、私は一概に「じゅらくだい」という呼称が誤読であるとも否定すべきだとも思っておりません。念のため、一言申し添えておきます。
出典:≪聚楽城(聚楽第)はなぜ大事か≫を考える市民講演会。第2回講演要旨(2013.3.30、京都市上京区「聚楽会館」で開催)

「じゅらくてい」説(2):  桑田忠親氏。
聚楽第は、当時の古記録には、みな、「聚楽亭」と書いているから、これを「じゅらくだい」と読むのは間違っている。『石山本願寺日記』だけが、「第」の字を宛名として用いており、あとはみな、「亭」の字を使っているから、「てい」と読むのが正しい
(中略)
「第」の字を書いたのは、群書類従本の『聚楽行幸記』と『石山本願寺日記』だけであることを、もう一度、主張したい。要するに「じゅらくだい」は誤読なのである。



著作・編集: 聚楽第(じゅらくてい)をもっと知ってもらう会・岡本正二
E-mail: shoji_okamoto31@yahoo.co.jp

inserted by FC2 system