Counter じゅらくてい・じゅらくだい
聚楽第  とは

聚楽第(じゅらくてい・じゅらくだい)は安土桃山時代に当時の最高権力者豊臣秀吉(とよとみひでよし)が京都に建てた豪華な邸宅(居城)です。でも竣工して8年後に痕跡を留めないほど完全に取り壊されてしまったので、あまり詳しいことは分かっていません。


聚楽第があった場所:  いまの京都市上京区。日本史研究会編集「豊臣秀吉と京都/聚楽第・御土居・伏見城」(2001年・文理閣発行)所収、森島康雄氏「聚楽第と城下町」の「第二図 聚楽第跡考定図」を基に、筆者が Yahoo! Japan の地図を拝借してブルーで濠の位置を示しました。内濠は(北)一条通、(東)大宮通、(南)下長者町通、(西)裏門通の範囲。その回りに「北の丸」「西の丸」「南二の丸」。さらに西と南の外周に外濠がある構造となっています。

ブルーが聚楽第の濠の位置です

濃いブルーの濠の範囲が聚楽第にいわゆる「内郭」ですが、さらにその回りの「外郭」に豊臣秀吉側近の大名の屋敷を配置し、武家町を形成していたそうです。

聚楽第が存在した期間:  1587年(天正15年)9月に完成し、1595年(文禄4年)8月以降解体されましたので、聚楽第がこの世に存在したのは満8年ということになります。

その他、聚楽第にまつわる話題:

下の表題をクリックすると別のウインドウで開きます。
1.『聚楽第』はどう読むの?  『聚楽第』は「じゅらくだい」か「じゅらくてい」か。
読み方をめぐる話題をさぐってみましょう。
2.聚楽第があったことを示す石碑  これといった遺構が残っていないため、往時、聚楽第がどこにあったか分かりません。
そこでいま、聚楽第があったことを示す石碑が四基建っています。
それらの石碑を見てみましょう。
3.幅が40メートルもあった聚楽第の濠  濠の幅が40メートルというのは広いです。
現存する日本のお城の中で見てみましょう。
4.大発見 !! 聚楽第本丸の石垣  徹底的に破壊されてしまったので、 何も残っていないと思われていた聚楽第ですが、2012年12月に本丸の石垣が見つかって世間を驚かせた。


聚楽第 豊臣家の夢の跡:   実態がつかみにくい聚楽第ですが、真田勘兵衛さんという方が文献や古地図などを渉猟して、聚楽第の真相および聚楽第に関連する人物群や聚楽第にちなむ地名について広範囲に調査され、その成果を「聚楽第 豊臣家の夢の跡」というウェブサイトで発表されています。下のバナー「剣客商売」道場からたどれます。

  別ウインドウで開きます。



著作・編集: 聚楽第(じゅらくてい)をもっと知ってもらう会・岡本正二
E-mail: shoji_okamoto31@yahoo.co.jp

inserted by FC2 system