しょうちゃんホームページ


毎度おおきに よー来てくれはりましたなあ

 

エジプト・カルナックにあるラムセス2世のオベリスクです オベリスクは今・・・

古代エジプトのファラオ(王様)が作ったオベリスク、それを模倣してローマ皇帝が作ったオベリスク。高さが30メートルを超えるものから1メートルに満たないものまで、大小とりまぜて実に多くのオベリスクが作られました。
しかし、現在野外に立つ大型のものは30本余しか残っていません。
しかも、そのうちエジプトに残っているのは6本で、イタリアのローマには13本もあります。
その他は、パリ、ロンドン、ニューヨーク、イスタンブールに各1本、等々です。

このようなオベリスクはいまどうなっているか、実際に訪れた長瀬さんのルポと高解像度の画像で紹介しています。世界の古代のオベリスクを網羅的に記述したオベリスクの専門サイトです。
これは聚楽第東堀跡を示す石碑です この付近から金箔を貼った瓦が多数出土しています聚楽第のはなし

聚楽第(じゅらくてい・じゅらくだい)は安土桃山時代に当時の最高権力者豊臣秀吉(とよとみひでよし)が京都に建てた豪邸(居城)です。

聚楽第は歴史上に名前は知られていますが、竣工して8年後に痕跡を留めないように完全に取り壊されてしまったので、地上には何一つ残っていません。
従って遺構すら目にすることができず、どんなものだったのかほとんど分かっていないのが実情です。
京都御苑の緑ブログ 『京都御苑の四季』 の記事索引

ウチの近くにある京都御苑は自然豊かな公園です。
苑内で見たり感じたりした四季の移り変わりをブログに書いています。

ページ数が600ページを超えましたので(2015年現在)、記事を探すのに便利なよう 索引を用意しました。
 

Sponsored by Shoji Okamoto
( 岡本正二 )

Last Update: August 2015

2009.6.18再開後カウントしてます

inserted by FC2 system inserted by FC2 system